【スポンサードリンク】

« ハクバノ王子サマ 純愛適齢期 第05話「母の罠で見合い結婚?不倫相手が逆襲のプロポーズを」あらすじ | メイン | 刑事吉永誠一 涙の事件簿 第04話「消えた指輪」あらすじ »

2013年11月02日

家族の裏事情 第02話「あなたわかってる?結婚って紙切れ一枚の問題じゃないのよ」あらすじ

28年ぶりに娘・縁(財前直見)の元へと帰ってきた華江(真野響子)。華江は、旧知の仲である石和尚彦(小野寺昭)が頻繁に書き込んでいたツイッターをチェックしていたのだった。浮気した男を選び、自分と兄・三松太一(佐藤二朗)、父を捨てた華江をそう簡単には許せない縁は神社に行き、平穏な家庭状況を返して欲しい、と手を合わせる。

その帰り、縁の実家でもあり、兄・太一が嫁のすず(MEGUMI)と一緒に店を継いだ「三松漬物」に立ち寄った縁は、華江が突然帰ってきたことを太一たちに伝える。昔から母親に頭が上がらない太一は、ひどく動揺しつつも「来たらすぐに追い返すから!」と華江の面倒を見ることに反対するが、背後に華江が立っていて・・・。

一方、長男・晴彦(松下洸平)が、職場である仲本製作所で働いていると、次男・雅彦(鈴木勝大)が母親に頼まれて弁当を持ってくる。昨晩、雅彦と言い合いになったことを謝りたい晴彦は「一緒に食う?」と雅彦を誘う。部活練習を終えた千代美(水谷果穂)は、チームメイトからあるチラシを見せられる。それは、海外のクラブチームが主催している短期のサッカー留学の話で・・・。

「いさわ屋」店内。厨房で泰彦が料理を作っていると戸部哲史(高杉亘)が入ってきた。戸部は、泰彦がホテルシェフとして働いていた時代の上司。その戸部から「後で少し話せないか」と言われた泰彦は、休憩中に戸部から“ある話”を持ちかけられて・・・。

以前・以後のあらすじは、家族の裏事情 テレビドラマデータベースから見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/25275