【スポンサードリンク】

« ミス・パイロット 第07話「アメリカで仲間へ遺すラストメッセージ」あらすじ | メイン | 相棒 season12 第07話「目撃証言」あらすじ »

2013年11月27日

よろず占い処 陰陽屋へようこそ 第08話「女の総選挙!?ライバルの呪いは恐ろしい」あらすじ

王子稲荷商店街で恒例の『ミス女狐総選挙』が行われることになり、審査員長に任命された祥明(錦戸亮)のもとへ、自称アイドルの織田友紀奈(岡本玲)が「あたしを1位にして」とやって来る。するとそこへ、珠希(柏木由紀)が現れる。

二人は昔から何かにつけ争ってきた、いわば生涯のライバルで、去年の総選挙でも1位を争った仲らしい。友紀奈から「草履を隠されて負けた」と因縁をつけられた珠希は、今回の総選挙に人生をかけると宣言し、「私が優勝したら付き合って」と強引に祥明を巻き込む。

二人が商店街の人々に派手な選挙運動を繰り広げていると、ある日、呪いの藁人形が発見され、中には友紀奈の名前が。一方、珠希の身にも、自転車に呪いの札が貼られ、転倒するという事件が起き、事態は二人の呪い合戦に。

二人から「相手を蹴落とす強力な呪いを教えて」と詰め寄られた祥明は、「人を呪うなら死をも辞さない覚悟が必要だ」と脅す。そして、その覚悟が本当にあるならば、と前置きしたうえで、相手を呪い殺すことができるという“キツネの呪い歌”を伝授。「ただし、一度歌ったら最後、歌うのをやめたら呪いが返ってくる」と釘をさす。

“キツネの呪い歌”を必死で練習する友紀奈と珠希。

そして迎えた総選挙当日。一次審査を勝ちぬいた二人は、続く決勝で水着審査に臨むはずだったが、祥明は突然、予定を変更して歌審査をすると言い出す。すると、それがきっかけとなり、意外なことに友紀奈と珠希の誤解が解けてしまう。そこで祥明は“キツネの呪い歌”の秘密を明かし、二人に実力で勝負するよう促す。

ついに勝者が決まる投票が始まろうというその瞬間、二人は自分たちが卑怯な手を使って優勝を勝ち取ろうとしたことをお互いに詫び、来年もう一度、実力で勝負することを誓い合い、結果1位に輝いたのは、思いもよらない人物だった!

一方、集会所に貼られていた古い写真を見つけた祥明は、そこに写っていた女性について源次郎(杉良太郎)に尋ねる。しかし、源次郎は平静を装い、前に『狐火』にいたバイトだと答えるだけで…。

以前・以後のあらすじは、よろず占い処 陰陽屋へようこそ テレビドラマデータベースから見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/26425