【スポンサードリンク】

« 夜のせんせい 第08話「心中!?愛の逃避行!破滅!退学!卒業目前、次々騒動勃発!」あらすじ | メイン | なぞの転校生 第09話あらすじ »

2014年03月08日

私の嫌いな探偵 第08話「さらば、迷コンビ−雪に倒れた大家を救え帝王、ついに登場!!」あらすじ(最終回)

『雪山で殺人予告』というドラマチックな展開に心惹かれ、出かけたまま消息を絶ってしまった二宮朱美(剛力彩芽)。最初は知らん顔をしていた鵜飼杜夫(玉木宏)だったが、戸村流平(白石隼也)を伴って、雪の町へ探しに向かうことにする。
町に着いた鵜飼と流平は、さっそく近所の主婦たちが「今朝この近辺で銃声が聞こえた」と噂しているのを耳にする。朱美が何かの事件に巻き込まれてしまったのではないか、と不安になる鵜飼だったが、その矢先、料理店で朱美を発見! 朱美は町の女性・水沢優子(井上和香)に浮気調査を依頼され、その調査結果を報告していたのだった。
ひとまず朱美の無事を確認し、安心する鵜飼と流平。
だがそれもつかの間、翌朝、市議会議員である優子の夫(中村繁之)が殺されたことが判明する! 朱美によって浮気の現場写真を押えられ、離婚が決定的になっていた矢先である上に、現場の凶器に優子の指紋が残っていたことから、事件の最重要参考人になることは間違いなし…。鵜飼のもとに泣きついてきた優子を助けようと、3人は捜査を開始する。

一方、砂川(渡辺いっけい)と三木(安田美沙子)も銃声の件で捜査に来ていた。死んだのは烏賊川市のドンと呼ばれる資産家の佐々木敬三(小田桐一)。ピストルを握っての自殺と見られていた。
市議会議員殺しの捜査状況を探るため、鵜飼らは資産家の事件の捜査にも協力することに。鵜飼はふたつの事件が無関係ではない、と推測するが…?

以前・以後のあらすじは、私の嫌いな探偵 テレビドラマデータベースから見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/29752