« 2014年11月 | メイン | 2015年01月 »

2014年12月22日

ごめんね青春! 第10話「忘れない!青春ほど楽しい授業はなかった!」あらすじ(最終回)

平助 (錦戸亮) が情熱を傾けてきた念願の合同文化祭 「青春祭」 が幕を開けた。
数ヶ月前まで目も合わさなかった東高と三女の生徒たちが、はじけるような笑顔で活気に溢れ青春祭を楽しんでいた。

そんな中、三女の礼拝堂放火事件を引き起こしたという過去に捕われ続けてきた平助は、祐子 (波瑠) の出現もあり、今度こそ事件に決着をつけようと心に決めていた。
礼拝堂に祐子を呼び出し、何もかも告白するつもりの平助の前に、サトシ (永山絢斗) が立ちふさがる。

東京に転校した 中井 (黒島結菜) も加わり、生徒・教師が一緒になりキャンプファイヤーを囲んで二日間行われた青春祭も終わりを迎えようとしていた。文化祭のクライマックスに、平助はついに自分の過去を告白しようと決意し生徒たちの前に立つが、それが意外な展開に… !?

以前・以後のあらすじは、ごめんね青春! テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月19日

ディア・シスター 第10話あらすじ(最終回)

美咲(石原さとみ)は、永人(岩田剛典)からプロポーズされた。荷物を取りに来た際に偶然話を聞いてしまった葉月(松下奈緒)は、永人に返事はしたのか、と美咲に尋ねる。しかし美咲は、いろいろなことが起こりすぎて永人のことをどう思っているのか、自分自身でもわからない、と答え…。

そんな折、永人は美咲にプロポーズのことを再度切り出そうとするが、永人と宗一郎(田辺誠一)の父・永一郎(清水?治)の突然の訪問を受けてしまう。事情を知った永一郎は、「息子の人生を考えたら、親としてこんな結婚は認めるわけにはいかない」と怒り、美咲を追い返してしまい…

そして、出産予定日まで1か月を切った4月のある夜、無事に産んでほしいという葉月と七重(片平なぎさ)の願いも虚しく、美咲の容態が急変しまう。ストレッチャーに乗せられ手術室に運ばれる道中で、美咲は、葉月に対し「もしものときはお願いね…」と後を託し…

以前・以後のあらすじは、ディア・シスター テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月18日

ファーストクラス 第2期 第10話あらすじ(最終回)

「TATSUKO YANO JAPAN」として、ひとりでささやかに受注生産を始めたちなみ(沢尻エリカ)だったが、業者から生地が届かず作業が止まってしまう。それは「TATSUKO YANO ORIGINAL」からの妨害工作で、手を下したのはなんとさくら(倉科カナ)だった…!洋服を作ることもできず、顧客の信頼も失い、激しく落ち込むちなみに充(青柳翔)は大五郎から届いた一通の手紙を差し出した。

わけもわからず手紙に書かれていた児童養護施設を訪ねたちなみは、そこで子供たちと遊びながら写真を撮っている西原樹(中丸雄一)を見つける。驚くちなみにこれまでの経緯を説明した樹は、見せたいものがあるとちなみを施設の倉庫へ連れて行く。そこにあったものは…!!

同じころ、充の前にリカ(木村佳乃)が現れた。リカの言葉を聞いた充は不敵な笑みを浮かべると静かに動き出す…。

「TATSUKO YANO」オフィスでは、一方的にリエコ(LiLiCo)の要望だけを押し付けてくるファスベンダー&マッカートニー・ジャパンの方針に凪子(ともさかりえ)たちスタッフはやるせない気持ちを抱えていた。そんなスタッフたちの会話を黙って聞いていた蘭子(余貴美子)が突然高笑いを始め…!!

隆太郎(渕上泰史)がリエコの元へやってきた。突然の隆太郎の発言に驚くリエコだが、さらにそこへリカと充が訪ねてくる。リカはリエコに向かって衝撃のひとことを発し…!!

以前・以後のあらすじは、ファーストクラス 第2期 テレビドラマデータベースから見れます。

相棒 season13 第10話「ストレイシープ」あらすじ

年の瀬の夕方、6歳の少年が何者かに公園で誘拐される。
その頃、杉下右京(水谷豊)は、西田悟巳(石田ひかり)という女性の葬儀に参列していた。彼女の遺品に右京宛ての手紙があったため、呼ばれたという。そこには右京への思いが綴られていた。

一方、警視庁では、元東京地検特捜部のエースで、現在は衆議院議員の橘高誠一郎(三浦浩一)の要請で、飛城雄一(平岳大)という男について報告が行われていた。飛城は新タイプの犯罪を次々と考案し、「犯罪の神様」とまで言われている男だというが、正体は警察でも掴めていなかった。

同じ夜、誘拐犯から「子供を返してほしければ、生みの親である梶井素子(川上麻衣子)に1億2千万円を用意させろ」という電話が掛かってくる。指示された身代金の受け渡し方法は、素子が現金を背負って指定場所まで走って来いという奇妙なものだった。警察は万全の警備態勢で臨むが、そこで予想だにしない事態が! 右京と享(成宮寛貴)だけは即座に状況を察し、単独で犯人を追跡するが…!?

同じころ動画サイトに「12月25日、衆議院議員の橘高は必ず罪を犯す」という映像が投稿される。警察庁次長の甲斐峯秋(石坂浩二)は念のため警視庁広報課長の社美彌子(仲間由紀恵)に橘高について調べるよう指示する。
さらに、ある料理屋の女将(大家由祐子)が拉致されてしまう。警察は飛城の尻尾を掴むことはおろか、その目的すら分からないでいた。そんな中、右京と享は、すべての事件にある共通点があることを掴む。それは、右京にも繋がりがあるものだった。

右京に恋した女性の謎の自殺。
犯罪の神様とまで呼ばれる飛城の正体とは?
相次ぐ誘拐と謎めいた予言。その驚愕の目的とは…!?

以前・以後のあらすじは、相棒 season13 テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月17日

女はそれを許さない 第10話あらすじ(最終回)

事故を起こし亡くなったトラック運転手・平田(和泉崇司)は、かつて危険ドラッグの使用で起訴されたことがあり、その弁護を忠守(上川隆也)が担当していた。そのことを知った野村涼子(安達祐実)たち遺族は、麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)にも不信感を抱く。平田の妻・真由美(原田佳奈)は、夫は忠守を裏切るようなことはしていないと訴え、そんな様子を見て麗たちは、5人の子どもと平田運転手が死んだ交通事故は単なる事故だったのかと疑問を持つ。

麗は事件現場に足を運び、平田を知るという老婆、南さん(関えつ子)に事故当日の話を聞くことができた。泰輔(溝端淳平)も近所のピアノ教室が当日レッスンをしていたことを聞き出し、新たな証言を引き出そうと必死だ。凛香は得意な手法を駆使して、トラック事故に関する記録を探り出す。

被告の運送会社は、大金を支払い和解を求めていると代理人・セイントの児玉(竹中直人)は言うが、遺族が望むのは真相究明だ。麗は次々と証人を法廷に送り出すが葛城(加藤雅也)もそれに応じ、一進一退の攻防が続く。やがて、事故当日の意外な事実が明らかになる…。

以前・以後のあらすじは、女はそれを許さない テレビドラマデータベースから見れます。

すべてがFになる 第10話「有限と微小のパン[後編]」あらすじ(最終回)

西之園萌絵(武井咲)はホテルのベッドで目を覚ますと、ふらつきながら教会へとやってくる。警察の規制線をくぐって見上げた天井のガラスは割れたままだった。

萌絵は、犀川創平(綾野剛)に会いに行くと、自分は夢を見ているのではない、と確認するようにつぶやいた。

ホテルに戻った萌絵は、鵜飼大介(戸次重幸)に電話し「ユーロパーク」に真賀田四季(早見あかり)が潜伏しているから捜索要請をしてくれ、と頼む。やがて、鵜飼から連絡を受けた愛知県警の芝池護(小林隆)がやってくる。萌絵は芝池に、自分とともに塙理生哉(城田優)のところへ行き、四季の居場所を聞き出して欲しいと言う。

萌絵と芝池は、ナノクラフト社で塙と藤原博(鈴木一真)と面会する。萌絵は、自分に睡眠薬を飲ませ四季のいる場所に連れていったはずだ、と塙を問いただすが、塙は萌絵の妄想だと言って取り合わない。

同じ頃、犀川はホテルの公衆電話から国枝桃子(水沢エレナ)に電話をかけると、他愛もない話をして電話を切る。すると、ほどなくその電話が鳴った。受話器を取った犀川が名乗ると、相手は四季だった。

塙に相手にされなかった萌絵がロビーに戻ると、藤原がやって来る。藤原は、ナノクラフトを世界一のソフトウェア会社に成長させた塙が、ユーロパークを作ったのは、ここで萌絵に会いたかったからだと話す。さらに、いい物を見せると言って、萌絵を地下へと案内し…。

以前・以後のあらすじは、すべてがFになる テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月16日

信長協奏曲 第11話あらすじ(最終回)

サブロー(小栗旬)は本物の信長でないことを池田恒興(向井理)に知られ、織田家から出て行けと突きつけられる。そんな時、浅井、朝倉軍が合流し、攻めてくるとの報がもたらされた。いざ開戦と逸る家臣たちだが、サブローは両家との和睦を主張。憎しみの連鎖を断ち切りたいと告げるサブローに、家臣たちも納得した。サブローは、竹中半兵衛(藤木直人)を和睦の使者に任命し、浅井と会見の約束を取り付けるよう頼む。だが、羽柴秀吉(山田孝之)が危険だと遮ったため、書状を送ることになった。

軍議後、サブローはこの件が終わったら城を去ると恒興と約束。恒興は、サブローの決意を明智光秀(小栗旬・二役)に報告する。今や家臣たちの信頼はサブローが一身に集めていると語る光秀。すると沢彦(でんでん)は、サブローが去った時こそ実権を取り戻さなくてはならないと諭す。

半兵衛は浅井に行くことを強く遮った秀吉に疑念を抱いていた。その秀吉は、浅井に通じていることを伏せたかったのはもちろん、すでに一計を案じている様子。一方、織田の書状が届いた浅井家は揺れる。やはり身内を亡くした家臣たちの恨みは根深かった。それでも会見に応じようとする長政(高橋一生)だが、思いがけない事件が起きてしまう。

サブローは帰蝶(柴咲コウ)に全てを打ち明けようとするが、上手く話すことが出来なかった。そんな中、サブローは同じ思いを持つ友と信じている長政との会見に臨むのだが…。

以前・以後のあらすじは、信長協奏曲 テレビドラマデータベースから見れます。

SAKURA〜事件を聞く女〜 第10話あらすじ(最終回)

駒込建設工業社長・魚住崇(俵木藤汰)の殺人事件は、専務・足立(遠山俊也)の犯行と判明し、疑いも晴れた工藤寛之(高岡奏輔)が、ひき逃げに遭い死んでしまった。事故の目撃情報はなく、現場にブレーキ痕が一切ないことから、殺人の可能性も高いという。拘留中の足立に事情を聞くが、知らぬ存ぜぬの一点張りで拉致があかない。そんな足立が何かを恐れていると感じた桜(仲間由紀恵)は、工藤の妻・小百合(西山繭子)から、高瀬ディベロップの社長・高瀬久美子(筒井真理子)が挨拶に井岡工務店を訪れたとき、工藤の表情が強張っていたことを聞く。工藤と高瀬は何か関係があったのか?

正人(佐藤隆太)の調べによると、高瀬が高瀬ディベロップを立ち上げたのが半年前で、本業は銀座の会員制クラブのオーナーだという。クラブには政財界の大物も出入りしているらしく、高瀬の裏に何者かが関わっている可能性が高い。住民を巻き込んだ「しもふり商店街」の再開発計画が進む中、桜は真相を暴くために、高瀬がオーナーのクラブへホステスとして潜入し捜査を開始する!

以前・以後のあらすじは、SAKURA〜事件を聞く女〜 テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月15日

甲殻不動戦記 ロボサン 第10話「もろびとこぞりて」あらすじ

吉田(松野莉奈)が未来からやってきた橘教授(甲本雅裕)の孫であり、かつて彼女がロボサンと一緒に倒した生物兵器が再び地球に接近していること、そしてその生物兵器を今度は皆で倒さなくてはならないことが判明した中で迎えるクリスマスイブ。
吉田がコクピット内にやってくると、異様な雰囲気に包まれたそこには、アコ姉(真山りか)とスーさん(安本彩花)以外のメンバーの姿はなかった…。

以前・以後のあらすじは、甲殻不動戦記 ロボサン テレビドラマデータベースから見れます。

玉川区役所 OF THE DEAD 第12話「玉川区役所 DEAD or ALIVE」あらすじ(最終回)

新種ゾンビ(大東駿介)に襲われ、病院に運ばれた凛。何とか一命はとりとめるが、ゾンビウィルスに感染してしまう。
一方晋助は、ゾンビを殺してしまったことへの罪悪感を拭い去れずにいた。
みわがゾンビウイルスに対する強力な抗体を持っていることを発見した幸田は、大森課長に報告。早急に新種ゾンビを使った臨床実験が必要であると話す。町田にも新種ゾンビの献体を強く訴えるが、そこで驚愕の事実が明らかになり…!
そんな中、晋助は感染したばかりの凛が、既にゾンビレベル3に達していることに気付く…

以前・以後のあらすじは、玉川区役所 OF THE DEAD テレビドラマデータベースから見れます。

Nのために 第10話あらすじ(最終回)

2004年12月24日事件当日、希美(榮倉奈々)は、野口(徳井義実)に将棋で安藤(賀来賢人)に勝つための対策を教えている一方で、奈央子(小西真奈美)を守るための“N作戦II"の連れ出し役・西崎(小出恵介)の到着を待ちわびていた。だが、この対局に勝ったら、安藤を僻地に赴任させると野口から聞いた希美は、安藤を守るためN作戦IIのことを明かしてしまう。その頃、花屋の変装をした西崎が野口家に到着し、奈央子を連れ出そうとしていたが、そこに野口が現れ…!

2014年。安藤(賀来賢人)からプロポーズをされていた希美は、病気のことを知る成瀬(窪田正孝)からも告白されるが、答えを出せずにいた。そんな中、料亭・さざなみ放火事件の真相を隠していた夏恵(原日出子)との関係にある決意をした高野(三浦友和)と再会。高野から母・早苗(山本未來)の居場所を伝えられるが…。

以前・以後のあらすじは、Nのために テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月12日

ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜 第12話あらすじ(最終回)

工藤(西村雅彦)の仕掛けた罠に嵌められ、警察に逮捕されてしまったミノワ(松本利夫)。
だが、取調中に隙を突いて警察署から逃走する。夏美(山口紗弥加)はミノワを救うべく、田島一馬(前田公輝)たちを相手に無謀な賭けに出るが…。
一方、養子問題で揺れるカナ(原菜乃華)にも決断の時が迫っていた…。
警察署から逃走したミノワの運命は!?苦悩するカナは一体どんな決断を下すのか!?

そこには衝撃と感動の結末が待っていた…。

以前・以後のあらすじは、ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜 テレビドラマデータベースから見れます。

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第3期 第11話「私はたった一人の大好きな人のオペがしたいんだよ!」あらすじ(最終回)

「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)が人知れず、倒れた――。しかも、晶はそのまま紹介所に戻ることなく、大門未知子(米倉涼子)の前から姿を消してしまう。そんな中、「国立高度医療センター」の総長・天堂義人(北大路欣也)が夢見ていた国家レベルの新組織「日本医療産業機構」が、遂に発足。医療に関する全リソースと予算を集中させ、国内外に高度で良質な医療を提供する同組織で、天堂は初代理事長に就任し、とうとう医者として最高権力を持つ地位へと上り詰める。

そんな折、「西京大学病院」の病院長・蛭間重勝(西田敏行)が「国立高度医療センター」へやって来た。蛭間は深刻な高度進行同時性多発大腸がんを発症しており、もはや普通の外科医では手をつけられない状態…。そこで、蛭間は未知子の並外れた腕に最後の望みを託し、自らの執刀医に指名するが、未知子からは「いたしません」と素気無い返事が戻ってくる。

その矢先、一向に家へ帰って来ない晶のことを心配していた未知子は、センター内でほかでもない晶と遭遇する。実は、晶は天堂に頼み、未知子にも内緒で極秘入院していたのだ! しかも、晶の体は肺がん、脳転移、狭心症に蝕まれており、どう見ても手術適応外だった…。だが、未知子にとって晶は師匠であると同時に、心許せる父親のような唯一無二の存在だ。大切な人をどうしてもこの手で守りたい――その一心から「すぐに自分に切らせて」と懇願する未知子。ところが、晶は自分ももう寿命だと言い、愛弟子の申し出を突っぱね、後のことはすべて天堂に一任するとまで言い始めて…!?

“一番やりたくない手術”と“一番やりたい手術”の狭間で苦悩しながらも、気高き戦いを決してやめることのない未知子。果たして、彼女は最後まで失敗することなく、大切な晶の命を救うことができるのか!? そして、医学界の頂点に立った最大の敵・天堂との戦いには、どう決着をつけるのか…。

以前・以後のあらすじは、ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第3期 テレビドラマデータベースから見れます。

きょうは会社休みます。 第10話あらすじ(最終回)

田之倉の将来を思って別れを告げた花笑は突然朝尾からプロポーズをされる。朝尾と結婚なんて考えられない、と思う一方で、朝尾には気を遣わず何でも話せる関係であることを自覚する。そもそも自分は田之倉のことが好きだったのだろうか、好きになるとは一体どういうことか、と自問する花笑。進学のために年内でバイトを辞めることになった田之倉と顔を合わせなくなれば次の一歩が踏み出せるのではないかと思う。田之倉の送別会が終わり、一人帰る道で田之倉から花笑へ感謝と別れのメールを受け取った花笑は……。こじらせ女・青石花笑は幸せを掴むことができるのか!?

以前・以後のあらすじは、きょうは会社休みます。 テレビドラマデータベースから見れます。

ファーストクラス 第2期 第09話あらすじ

「TATSUKO YANO ORIGINAL」の設立によりスタッフはすべて引き抜かれ、ひとりになってしまったちなみ(沢尻エリカ)。また、多額の負債を抱えていたNGSホールディングスは充(青柳翔)の手によってファスベンダー&マッカートニージャパンに売却され、充も職を失っていた。

激しく落ち込んでいたちなみの前に現れた充は、売却時に唯一手放さなかったという「TATSUKO YANO JAPAN」の登記簿を差し出した。しかしちなみは、自分には必要ないと受け取らず去っていく。その一部始終をレミ絵(菜々緒)が見ていて…。

再び竜子(夏木マリ)の下で働くことになった凪子(ともさかりえ)たちデザイナーチームだが、デザインはさせてもらえず竜子の書いたデザインを清書するだけになっていた。一方、竜子もまたリエコ(LiLiCo)にデザインを全否定された。そんななか、薫(市川実和子)と千冬(小島聖)は、リエコの言いなりになっている隆太郎(渕上泰史)から「誓約書」を差し出された。その内容とは…!

就職情報誌を見ていたちなみに、レミ絵が近づいてきた。レミ絵は、人手が足りないからと「FIRST CLASS」編集部でのバイトを勧め、なかば強引に引き受けさせる。翌日、レミ絵に言われて若い女性向けのショップに向かったちなみだが、言い渡されたのはショップ店員体験の仕事だった!不慣れな仕事にちなみが店長にこっぴどく叱られる姿をレミ絵は写真に撮り続け、ほくそ笑み…。

さらに翌日の仕事で、撮影スタジオに呼ばれたちなみを待っていたのは…!

以前・以後のあらすじは、ファーストクラス 第2期 テレビドラマデータベースから見れます。

相棒 season13 第09話「サイドストーリー」あらすじ

三塚奈々(まつながひろこ)という若い女性介護士が殺害される事件が発生。彼女はキャバクラ嬢という“別の一面”も持っていたため、ワイドショーなどでも大々的に取り上げられ、いわれのない中傷を受けていた。犯人は現行犯に近いかたちで逮捕されていたが、「真犯人は別にいる」という匿名の通報があり、特命係はその捜査を申しつけられる。早速、行動を開始した右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、奈々が担当していた寝た切りの老婦人・佳枝(丘みつ子)のもとを訪れる。佳枝はかなり気難しいタイプで、面倒を見ている一人息子の茂樹(吉満寛人)も、仕事との板挟みで手を焼いている様子だった。そんな中、右京は奈々が殺された時に所持していた介護の記録ノートに引っ掛かりを覚える。その疑問を解き明かすため、右京は自ら佳枝の身の回りの世話を買って出るが…!?

美人介護士はなぜ殺されなければならなかったのか?
匿名の通報が示唆した“真犯人”とは?
特命係が、事件の陰に隠された意外な真実を解き明かす!

以前・以後のあらすじは、相棒 season13 テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月10日

女はそれを許さない 第09話あらすじ

弁護士資格を取り戻した凛香(寺島しのぶ)はバッジを付け、忠守法律事務所から去っていく。しかし、セイントの後輩だった工藤(吉沢悠)が自分を裏切ったこと、その原因が自分がグレーな手法で勝ち取った裁判にあったことを知り、複雑な思いになる。

一方、麗(深田恭子)は泰輔(溝端淳平)と協力して、大型トラックが子どもをはね5人も死亡させた事件を担当することになった。この事故では運転手も死亡しており、子どもたちを失った遺族の野村涼子(安達祐実)、岡田哲平(三又又三)、小橋アキラ(川野直輝)たちは民事で運送会社を訴えたい、と麗たちに話す。運送会社の弁護はセイントが担当しており、麗たちは凛香の助けなしにセイントとの交渉に入る。そんな折り、忠守(上川隆也)が、事故を起した運転手を知っていると言い出すが…

以前・以後のあらすじは、女はそれを許さない テレビドラマデータベースから見れます。

素敵な選TAXI 第10話あらすじ(最終回)

「枝さん、3ヶ月間、お疲れ様でした」。
カフェ『choice』でいつものようにメニューを迷っていた枝分(竹野内豊)は、店にやってきた標(升毅)に声をかけられる。
それを聞き、「え?…あ、そっか」と何かに気付く枝分――。

過去の分岐点へ戻り、人生をやり直すことができる不思議な乗り物“選TAXI”。
その運転手として、これまで様々な事情を抱えた客を乗せ、少々お節介ながらも彼らの人生を応援してきた枝分。
なぜ枝分は選TAXIの運転手をやめなければならないのか?標の言葉の意味とは?そもそもどうして枝分は選TAXIの運転手になったのか?
驚きの真実が次々と明らかになるなか、はたして枝分はどんな分岐点に立ち、どんな選択を最後にするのか、その結末はまさに予測不可能!

やはり、人生は選択肢の連続だ!

以前・以後のあらすじは、素敵な選TAXI テレビドラマデータベースから見れます。

すべてがFになる 第09話「有限と微小のパン[前編]」あらすじ

スーツケースを手にした西之園萌絵(武井咲)は、ナノクラフト社が運営する「ユーロパーク」に到着した。パーク内の貸別荘で犀川ゼミの旅行が計画されていたが、大株主である萌絵は前乗りしてナノクラフト社長の塙理生哉(城田優)と食事の約束をしていた。塙は現在のIT業界で一番の成功者と言われる人物で、かつて萌絵との縁談が浮上したこともあった。

事情を知った儀同世津子(臼田あさ美)は、犀川創平(綾野剛)に萌絵が心配ではないのか、と聞く。

萌絵を出迎えたのは、塙の秘書の新庄久美子(青山倫子)だった。久美子は萌絵をパーク内のホテルに案内すると、343と部屋番号の記された鍵を渡した。早速、部屋に入った萌絵は、電話の横のメモに書かれた不可思議なメッセージに目を留める。すぐに犀川に電話をし、それが自分の死を予告するものではないか、と話すが、犀川は単なるいたずらだから気にすることはないと答える。

塙との会食の時間になり、萌絵は久美子とエレベーターに乗り込む。久美子がエレベーターにカードキーを差し込むと、表示パネルにはなかった「B1」のボタンが現われた。地下にナノクラフトの研究施設があるが、その存在を知っているのは社内でも限られた人間だけだ、と久美子は話した。地下に着くと通路を歩き、さらに別のエレベーターで今度は1階に上がる。地上に戻ったと思いきや、エレベーターホールの外に出ると、そこは教会の内部だった。すると、塙が現われて…。

以前・以後のあらすじは、すべてがFになる テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月09日

信長協奏曲 第10話あらすじ

延暦寺の一件で、サブロー(小栗旬)はもう信長を続けられないと明智光秀(小栗旬・二役)に話す。家臣たちにどう説明すればよいのかと訴えるサブローに、光秀は代わりに自分が申し開きをすると言う。しかし、サブローは光秀にこれ以上余計なマネはしないで欲しいと遮り、説明は自分が行うと決意した。

家臣たちを前にしたサブローは、延暦寺攻めが間違っていたと頭を下げる。だが、家臣たちは織田家を守るためには仕方なかったことという見解で一致していた。それでもサブローは、二度と同じ行為はしないと誓い、家臣たちにも念を押す。サブローが大広間を後にすると、光秀も出て行った。その時、池田恒興(向井理)は光秀が忘れた扇子に気づく。拾い上げて開いた扇子の柄は、恒興を驚かせた。

羽柴秀吉(山田孝之)に疑いを抱く竹中半兵衛(藤木直人)は、重矩(上山竜治)に木下藤吉郎の素性を調べるよう命令する。藤吉郎は、秀吉が改名する前に名乗っていた名前。一方、秀吉は子飼いの蜂須賀小六(勝矢)に、面白いものを見せてやると不気味な予告をしていた。

帰蝶(柴咲コウ)は、ゆき(夏帆)の将来を憂い、サブローに相談。サブローは前田利家(藤ヶ谷太輔)に、ゆきとデートするよう薦める。だが、サブローは他人の心配をしている場合ではなかった。信頼していた恒興が、光秀が本当の信長ではないかと気づいたのだ。恒興は、光秀、沢彦(でんでん)と密談。ついに恒興は真実を知る。

以前・以後のあらすじは、信長協奏曲 テレビドラマデータベースから見れます。

SAKURA〜事件を聞く女〜 第09話あらすじ

ある日、しもふり商店街のイベントが行われ、桜(仲間由紀恵)やウメ(草笛光子)、楓(文音)らが見物に来ていた。会場にはイベントを影ながら支えている駒込建設工業・社長の魚住崇(俵木藤汰)と専務の足立和利(遠山俊也)の姿もあった。下町を盛り上げていこうと話が盛り上がる中、商店街の再開発計画のチラシにも注目が集まる。その後日、再開発を計画している高瀬ディベロップ社の社長・高瀬久美子(筒井真理子)による住民への説明会が行われるが、地権者として参加していたウメは、今ひとつ納得出来ないでいた。

そんなある日、魚住社長が遺体で発見される。ほどなく、昨晩に魚住を訪ねていたという人物が容疑者として浮上。任意同行により工藤寛之(高岡奏輔)の取調べが始まる。「何も知らない」の一点張りを通す工藤という人物、実は4年前に知人をかばったことで喧嘩相手を殺害してしまい、傷害致死により桐谷係長(相島一之)が逮捕した人物だった。そのときの、自分の罪を全面的に認める工藤の印象から、何かを隠していると桐谷係長は推察。また、工藤の嫁・小百合(西山繭子)も、工藤の無実を信じて疑わなかった。そこで桜は、小百合の実家で魚住の会社とも取引のあった工務店へ潜入し捜査を開始する!

以前・以後のあらすじは、SAKURA〜事件を聞く女〜 テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月08日

ごめんね青春! 第09話「今日大事な人にごめんねとさよならを言います」あらすじ

フリーライターとなった 祐子 (波瑠) が14年ぶりに現れた。WEB と連動した文化祭特集の取材をするために母校へ来たというが、平助 (錦戸亮) や りさ (満島ひかり) は複雑な気持ちを隠せないでいた。
そして、祐子が戻ってきたことを平太から聞いた 善人 (平田満) は、かつての冷たい態度を祐子に謝罪するためにガールズバーへ向かい、久々に一堂に会する。
そんな祐子との再会に動揺しているりさは、実家にいるのが気まずいからと平助の家に押しかけ寝泊りすることに。結婚を前提に友だちから付き合い始めることにした不器用な二人の距離は縮まるのか… !?

一方、永楽寺の台所で平助は見慣れぬ人影を見かける。平太 (風間杜夫) の再婚相手の せつ子 (麻生祐未) だった。突然現れた新しい母親候補に反発する平助と 一平 (えなりかずき) だが、せつ子の完ぺきに家事をこなす様子になすすべもなかった…。

青春祭が近づき、準備が着々と進められていく中、祐子が三島に戻ってきたことで14年前の火事の話題が浮上し、新たな事実を知ってしまった平助。
ショックを隠し切れず青春祭直前についに一大決心をする!

以前・以後のあらすじは、ごめんね青春! テレビドラマデータベースから見れます。

平成舞祭組男 第09話あらすじ

北関東出張所の横尾、宮田、二階堂、千賀の4人は、アントレ・ヌー・ショコラータとのコラボを再度担当させてほしいと玉垣(岡田義徳)に頼みこむが全く相手にされない。そこで自分たちの新商品企画を認めてもらうために“ある行動”をとるのだが、それが会社全体を巻き込んだ大きな事件になってしまい――。

以前・以後のあらすじは、平成舞祭組男 テレビドラマデータベースから見れます。

地獄先生ぬ〜べ〜 第10話あらすじ(最終回)

ぬ〜べ〜(丸山隆平)の鬼の手が消えた!覇鬼(坂上忍)が、封印を解き覚醒してしまったのだ。このままでは、この世は地獄になる…!!鬼の手さえなくなればぬ〜べ〜が戦いから解放されるのではとほのかに期待していたリツコ(桐谷美玲)とゆきめ(知英)の思いをよそに、ぬ〜べ〜は鬼の手に頼らずに覇鬼と戦うことを決意する。玉藻(速水もこみち)もぬ〜べ〜と運命をともにすることに!!

圧倒的な力を持つ覇鬼の攻撃を正面から受け、自らの身がボロボロになってもぬ〜べ〜を守ろうとする玉藻とゆきめ。覇鬼が「本当の絶望の景色」をぬ〜べ〜に味わわせようとしていることを知った玉藻は、覇鬼の狙いに気付くが…。

覇鬼の次の狙いは、童守寺にかくまわれている無限界時空(高橋英樹)!! 玉藻からそう教えられたぬ〜べ〜は童守寺へ急ぐが、覇鬼は容赦なく童守寺に攻撃を開始。そして、いずな(山本美月)と和尚(マキタスポーツ)を身を挺して守り抜いた時空は、ぬ〜べ〜に最期の言葉を残して命を落としてしまう。ぬ〜べ〜は父を殺された怒りと恨みを覇鬼にぶつけようとするが、美奈子(優香)のお陰で冷静さを取り戻し、改めて覇鬼を封印するために戦いの場へ。玉藻とゆきめ、いずなとぬ〜べ〜は、すべての力を賭けて覇鬼と対峙することになる!!

以前・以後のあらすじは、地獄先生ぬ〜べ〜 テレビドラマデータベースから見れます。

甲殻不動戦記 ロボサン 第09話「告白の吉田」あらすじ

正体不明の巨大ロボットのコックピット内、8人の女子中学生(私立恵比寿中学)と橘教授(甲本雅裕)が神妙な面持ちで顔をあわせている。
やり取りの中、橘教授には中学生になる息子がいることが発覚。そして、教授の息子はなんとアコ姉(真山りか)が秘かに恋心をいだいている同級生だった!
愕然とし平常心を失うアコ姉。
だがその先には予想だにしなかった真実が待ち受けていた…。

以前・以後のあらすじは、甲殻不動戦記 ロボサン テレビドラマデータベースから見れます。

玉川区役所 OF THE DEAD 第11話「さらば、凛!」あらすじ

尚宏の聴力が急速に発達していた。幸田は、ゾンビウィルスは進化していて尚宏の発症も遠くないことを晋助に告げる。翌朝、晋助たちは大森課長のデスクの上に凛の辞表を見つける。晋助は自宅を訪ね、凛の力が必要だと言葉をかけるが…。
足が異常に速い新種ゾンビによる被害はさらに拡大。一方、町田祥子は怪しげな実験を繰り返している。
幸田の依頼により、ゴシップ記者・島尾(駿河太郎)は町田を探るが、企みが何なのか、いまだ全容を突き止められずにいた…

以前・以後のあらすじは、玉川区役所 OF THE DEAD テレビドラマデータベースから見れます。

黒服物語 第08話あらすじ(最終回)

彰(中島健人)が斉藤(竹中直人)にクビを言い渡された矢先、神崎グループの会長・神崎(北村有起哉)が銀龍会に刺されるという事件が起こる!
「一カ月で元の『ジュリエット』の売り上げを超える」という神崎との約束。その期日まであと一週間となり、その間に1000万円を売り上げないと『ニュージュリエット』の存続は不可能に…。その打開策として斉藤はなんと『デリシャス』のスパイだった綾乃(黒川智花)を呼び戻しママに据える。
杏子(佐々木希)は、いちキャストに戻され、彰は再び下っ端の黒服として働き始める。

彰が作った、顧客の好みを記したノートを手に一丸となって難局を乗り切ろうとする『ニュージュリエット』のキャストと黒服たち。だが、新ママとなった綾乃は美樹(柏木由紀)、聖子(入山杏奈)らに理不尽な要求を繰り返し、キャストたちの不満は日に日に高まっていく。
さらに、銀龍会の構成員たちが『ニュージュリエット』の営業妨害に現れ、いよいよ存続が危うくなり…!?

ついにすべての黒幕が明らかに…! そして、杏子と彰の禁断の恋にも思いもよらない結末が!

以前・以後のあらすじは、黒服物語 テレビドラマデータベースから見れます。

Nのために 第09話あらすじ

2014年。希美(榮倉奈々)は、医師の多田(財前直見)から余命1年と宣告されていることを誰にも告げない決意を固めていた。

同じ頃、青景島に帰省していた成瀬(窪田正孝) が東京に戻ろうとしていると、高野(三浦友和)から今すぐ会って話をしたいと電話が入る。夏恵(原日出子)が料亭「さざなみ」放火事件の真相を書いた手紙を残して居なくなってしまったという。高野はそこに書かれていることが真実か確かめて欲しい、と成瀬に手紙を渡す。

一方、希美の病状を知る西崎(小出恵介)は、それを成瀬と安藤(賀来賢人)に伝えるべきか迷っていた。

以前・以後のあらすじは、Nのために テレビドラマデータベースから見れます。

新・刑事 吉永誠一 第09話あらすじ(最終回)

片山班に届いた差出人不明の花には爆弾が仕掛けられていた。小料理屋「ひろこ」で吉永を狙ったものと同じ仕組みのパイプ爆弾で、一色理香によると、知識があれば日用品を使って誰にでも作成できるものだという。犯人の狙いは片山班か?それとも吉永か?そこへ犯人から電話が。神奈川県警に対する復讐のために、爆弾を仕掛けたと言う。携帯電話の発信記録から場所を特定した吉永達は現場へ急行するが、九条が爆発に巻き込まれて…!

以前・以後のあらすじは、新・刑事 吉永誠一 テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月05日

ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜 第11話あらすじ

女子高生・愛子が、大企業・田島電機のドラ息子・田島一馬に暴行された。
愛子の両親から依頼を受けた夏美(山口紗弥加)とミノワ(松本利夫)は、金と権力で揉み消そうとする田島に法の力で対抗すべく、事件を目撃した証人を探す。
が、その前に田島の顧問弁護士・工藤(西村雅彦)が立ちはだかる。

一方、カナ(原菜乃華)を養子にしたいというIT企業の代表取締役・小野田が現れる。
カナの幸せを考えるミノワは心揺れる。
そんな中、ミノワを窮地に追い込む大事件が起きる…。

以前・以後のあらすじは、ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜 テレビドラマデータベースから見れます。

ディア・シスター 第09話あらすじ

美咲(石原さとみ)は産婦人科へ健診に行く。次は性別がわかるかも、と聞いていたことを思い出した永人(岩田剛典)は、一緒に行く、といって大慌てで支度する。子どもの名前を考え始める気が早い永人に、自分の子どもみたい、といって笑う美咲。すると永人は、「俺はそのくらい大事に思ってる」と返し「今度の大会で優勝したら…」と言いかけるが…

宗一郎(田辺誠一)は、別れた妻の貴子(音月桂)と会っていた。美咲が妊娠したことを知った貴子は、自分の人生はあの子のせいですべてが狂った、と憤る。

一方、葉月(松下奈緒)は、クビになったドレス工房RYOの展示会に招待される。ひとりで行く勇気がない葉月は、陽平(平山浩行)を誘った。そこで葉月は、意外なものを目にする。

そんな中、永人が出場するスケートボードの大会が開かれる。応援に駆け付けた美咲だったが、その背後には怪しい人影があり…。

以前・以後のあらすじは、ディア・シスター テレビドラマデータベースから見れます。

ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第3期 第10話「汚い手術はしたくない」あらすじ

「国立高度医療センター」に国会議員・十勝喜子(ジュディ・オング)が入院。喜子は重度の心筋梗塞と肝細胞がんを患っており、どこの病院からも手術不可能と診断されていた…。だが、彼女は次期厚生労働大臣と噂される人物。その病を根治させることは、国家レベルの新組織「日本医療産業機構」の創立を実現させようとするセンター総長・天堂義人(北大路欣也)にとって、大きな意味を持つ。そこで天堂は、外科部長・富士川清志郎(古田新太)を中心とした特別治療プロジェクトチームを結成。世界初症例となる術式でオペに挑もうとする富士川の第一助手として、大門未知子(米倉涼子)もチームの一員に組み入れ、肝臓のオペを担当させようとする。

ところが、この手術の難易度はかつてない高さ。雑な富士川が、開腹後に患者を襲うかもしれないリスクを考えているとは到底思えない…。いつもなら自ら執刀医に名乗りを上げる未知子も、今回ばかりは「いたしません」と断固拒否。どうしても未知子の腕が必要な富士川は、「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)に裏で多額の前金を渡し、なんとか未知子を説得させようとする。一方、天堂もこれまで破格の手術代を支払ってきたことを盾に、未知子を威圧。だが、晶がセンター側に請求してきた金額については、未知子も寝耳に水…。そこへ追い打ちをかけるように、すでに今回のオペの前金も支払い済みだと聞かされた未知子は、長年慕ってきた晶に対する懐疑心を膨らませていく…。

「日本医療産業機構」実現のために何がなんでも手術を成功させようと目論む天堂 vs. 頑なに執刀を拒み続ける未知子――“史上最大の戦い”は遂に最終局面へと突入する!

以前・以後のあらすじは、ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第3期 テレビドラマデータベースから見れます。

科捜研の女 第14シリーズ 第09話あらすじ(最終回)

猛毒の“シアン化ナトリウム”を霧吹きで噴きつける連続殺人事件は、犯人逮捕により終結した。ところが、榊マリコ(沢口靖子)らがホッとしたのも束の間、またもや同様の手口で主婦が殺される事件が発生! 先の連続殺人と違うのは、同じシアン化合物ながら、シアン化ナトリウムではなく、“シアン化カリウム”が使用されていることだった。マリコと土門刑事(内藤剛志)は、早くも模倣犯が出現したのかと、がく然とする。

その矢先、オフィス街で次々と通行人が苦悶し、そのうち2人が死亡する事件が起きる。何者かがビルの屋上からジョウロでシアン化カリウムの雨を降らせたのだ。

続いて、今度は京都市内のホテルの一室でシアン化カリウムを使った殺人事件が発生! 被害者は若い女性で、現場に残された犯人のDNAを分析したマリコは、思いがけない事実に直面する…! ホテルの部屋に3人の男が存在した、という奇妙な状況が浮かび上がったのだ。しかも、彼らの血液型は3人ともAB型…。いったいどういうことなのか…!?

そんな中、ホテルで殺害された女性が、タブレット端末に犯人らしき男の写真を残していたことが発覚! 偶然、画像を目にした京都医科歯科大の解剖医・佐沢真(野村宏伸)は、同期である移植医療研究医・真木洋介(松田洋治)の研究棟で、その男を見かけた気がすると言い出す。だがその後、真相に迫りつつあるマリコに犯人の魔の手が襲いかかり…!?

以前・以後のあらすじは、科捜研の女 第14シリーズ テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月04日

きょうは会社休みます。 第09話あらすじ

まだ大学生で将来の見えない田之倉(福士蒼汰)との結婚を諦めていた花笑(綾瀬はるか)は、突如田之倉からプロポーズされる。
会社を休んで、夢にまで見た彼氏との温泉旅行に行くことになった花笑は幸せの絶頂に。しかし、ふと自分はいつも田之倉に幸せをもらってばかりで、何もお返しできていないことに気づく。さらに、田之倉の大学のゼミの先輩・戸崎(香椎由宇)に、「優秀だった田之倉が大学院の進学を諦めて残念だ」と聞かされ、自分が田之倉の将来に対し足を引っ張っているとに罪悪感を感じる。自分が田之倉のためにできることは「別れること」だというハイグレードな愛の形に目覚めた花笑は田之倉に別れを切り出し……。

以前・以後のあらすじは、きょうは会社休みます。 テレビドラマデータベースから見れます。

相棒 season13 第08話「幸運の行方」あらすじ

特命係の右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)はとある街の商店街でパトロールをしていた。その商店街にある質店の気のいい店主・久米(矢崎滋)は、ある夜、腐れ縁の幼馴染みの小池(斉木しげる)が、見知らぬ若い女性とラブホテルに入っていく姿を目撃し、一部始終をスマホで録画する。久米は、小池の妻と昔から顔見知りなこともあって、その動画を手に小池を問い詰めるが、売り言葉に買い言葉で、本意とは裏腹に“口止め料”を受け取ってしまう。そんな中、度々質入れに来ている常連客の若者・平(足立理)に、金庫から金品を奪われてしまう。その中には、小池の不倫現場を記録した動画の記録媒体も入っていた。警察沙汰に出来ない久米は、自分でそれを取り戻そうと、平のアパートに向かうが、そこには彼の他殺死体が横たわっていた。思わずその場を逃げ出してしまった久米は、一蓮托生とばかりに小池に偽のアリバイ証言を頼む。パトロール中に出会った久米の、慌てふためく様子が気になった右京は、周囲を探り始めるが…!?

どこか憎めない幼馴染みの中年男2人。
そんな彼らに事件との繋がりを感じ、徹底マークする右京。
その不思議なやりとりが、やがて殺人事件の思わぬ動機をあぶり出していく!
青天の霹靂で重大事件に巻き込まれた2人のオヤジの運命やいかに!?

以前・以後のあらすじは、相棒 season13 テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月03日

女はそれを許さない 第08話あらすじ

麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)は、蝶野(松重豊)に頼まれて蝶野の友人、小坂貴宏(橋洋)とその恋人、俊彦(KABA.ちゃん)が予約した結婚式場に関するトラブルの相談を受ける。式場側が結婚式を突然キャンセルしてきたというのだ。二人がゲイだと知って慌てて断ってきたと考えられる。麗と凛香が式場を訪れ、債務不履行と人権侵害の恐れがあると指摘すると、式場は再考すると引き下がる。その説明を聞いた貴宏と俊彦が喜んだのも束の間、貴宏が倒れてしまう。実はガンに侵されていたのである。

小坂と俊彦は養子縁組を済ませていた。愛し合うマイノリティーのカップルが家族として暮らすには、日本では養子縁組をするしか手段がないのだ。ところが、小坂の父親・恒吉(黒部進)が貴宏と俊彦の養子縁組の無効申し立てを起こしたことが分かる。恒吉は、貴宏が俊彦に騙されていると主張し、俊彦に多額の借金があることと、俊彦がかつて別の人物と養子縁組していたことも明らかになる。二人にとって不利な事実が次々と明らかになるなか、麗はゼロベース思考で解決策を考える…。

一方、凛香はセイント法律事務所の葛城(加藤雅也)から、セイント追放を画策したのが工藤(吉沢悠)だったことを告げられる。信じていた部下に裏切られたことを知り、驚く凛香。詰め寄る凛香に、工藤は思いもよらない事実を告げる。

以前・以後のあらすじは、女はそれを許さない テレビドラマデータベースから見れます。

素敵な選TAXI 第09話あらすじ

競輪で大負けし、自分の人生ツイてないことだらけだと嘆く久保(高橋努)は、金欲しさにやけを起こしてコンビニへ押し入る。しかし、店員を脅すも他の客に見つかり結局失敗、追いかけられた久保は、停まっていた選TAXIに逃げ込む。

久保同様、今日はツイてない日だと苛立ち気味の枝分(竹野内豊)は、乗せた客がまさかコンビニ強盗だとは思わず、自分のツイてない話をペラペラと喋り出し、いつしか2人はツイていない自慢合戦を展開。ところが、久保の会話から、久保が逃亡中のコンビニ強盗だと発覚! と次の瞬間、枝分は凶器を突きつけられてしまう。

一方、カフェ「choice」では、強盗が枝分のタクシーに乗ったらしいと聞いた店長の迫田(バカリズム)が枝分に電話してみる。しかし、一度はつながったものの、受話器から枝分の声は聞こえてこない。不安になるメンバーたち。

その頃、久保は、車内のチラシを見て選TAXIが過去に戻れると知り、枝分に競輪で負ける前に戻れと命じていた。そうすれば、すでに勝敗を知っている競輪で大儲けができ、強盗もチャラになる。だが、枝分は「道徳的に無理」と断り、2人で押し問答に。すると突然、そこへ一人の男(梶原善)が乗り込んできて……!?

枝分VS強盗、ツイてない2人の男のバトルの行方は!? 突如現れた男は敵なのか、味方なのか…、運転手史上最大の危機を迎えた枝分は、このピンチをどう乗り切る!?

以前・以後のあらすじは、素敵な選TAXI テレビドラマデータベースから見れます。

すべてがFになる 第08話「数奇にして模型[後編]」あらすじ

西之園萌絵(武井咲)は、筒見紀世都(中島歩)のアトリエに明日香(山川紗弥)の等身大のフィギュアがあったこと、異常としか思えない一面を目撃したことから、明日香を偏愛する紀世都が彼女を殺害したのでは、と犀川創平(綾野剛)に話す。

そこへ、儀同世津子(臼田あさ美)がやってくる。犀川と約束をしていたらしい世津子の親しげな態度にいらだち萌絵は研究室を出る。すると、浜中深志(岡山天音)が来て封筒を手渡した。紀世都から送られたその手紙を読んだ萌絵はどこかへと向かうが、そのとき、寺林高司(山本耕史)から連絡が入る。寺林はどうしても調べたいことがあり病院を抜け出したという。萌絵が問い詰めると、紀世都のところに行くつもりだと明かした。

萌絵と寺林が紀世都のアトリエの前に来ると、喜多北斗(小澤征悦)と大御坊安朋(小松和重)に声をかけられる。紀世都と連絡が取れないため、心配して来たのだと大御坊は言う。4人でアトリエに入ると、そこはロウソクの光が蛍のように点灯する幻想的な空間だった。紀世都の姿は見当たらないが、大御坊は、紀世都はこれを自分たちに見せようとしているのでは、と鑑賞し始める。そのとき、大きな機械音が響き、アトリエに置かれたペットボトルのロケットが四方に発射される。ペットボトル内の液体が雨のように巻き散らかされるが、それはアルコールでロウソクに引火し炎が上がる。煙が立ちこめるなか萌絵が紀世都を探すと…。

以前・以後のあらすじは、すべてがFになる テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月02日

信長協奏曲 第09話あらすじ

サブロー(小栗旬)は楽市楽座に続いて、領内での異国人によるキリスト教の布教を認める。明智光秀(小栗旬・二役)は延暦寺の僧たちの反対を心配するが、サブローは大丈夫だと答えた。そんな会話をする2人を、豊臣秀吉(山田孝之)が窺っていた。秀吉はサブローと光秀が瓜二つの顔を持つことを知り、その関係に疑いを抱いている。

そんな時、徳川家康(濱田岳)が織田の城に急を報せに来た。武田信玄が全国の武将たちに織田討伐を訴えたのだ。すでに武田勢は織田領に向かって進軍を開始していた。動揺する織田家臣たちの心配をぬぐうかのように、家康は自分が浜松で食い止めると三方ヶ原に軍を出す。ところが、武田の激しい攻めに即座に退却。これを知ったサブローは松永弾生久秀(古田新太)に援軍を求める。しかし、松永はすでに武田に寝返っていた。

織田の軍議で、サブローは武田の最強と言われる騎馬隊に鉄砲で対抗しようと提案。さらにサブローは単発の鉄砲が連射出来る用兵を思いつくのだが、もはや武田勢は目前に迫っていた。連射するための用兵に必要な鉄砲の数をそろえる暇もない。予想をはるかに超えた迅速な武田の攻めに、あきらめようとする家臣たち。すると、サブローは家臣たちを鼓舞して武田と戦うことを決意する。そして、サブローは城を秀吉と光秀に任せて出陣した。突き進んでくる武田軍を、援軍のない乏しい手勢で迎え撃とうとするサブローたちだったが…。

以前・以後のあらすじは、信長協奏曲 テレビドラマデータベースから見れます。

SAKURA〜事件を聞く女〜 第08話あらすじ

駒込中央署管内で、自殺と思われる遺体が発見された。その所持品から、トレンドミートという精肉会社に務める成宮早紀(阿井莉沙)判明する。ほどなく、刑事課強行犯係の本島利行(森岡豊)と竹内正人(佐藤隆太)が、署に駆けつけた早紀の両親から事情を聞くと、つい先日に今年も誕生日を祝いたいと話していたばかりで、自殺するとは考えられないとのことだった。実は、早紀は成宮家に引き取られた養子で、前の苗字は「木川」という。しかも早紀は、今から10年前に本庁にいた五十嵐恭子(高島礼子)が担当した未解決放火事件の容疑者の娘で、この10年前の事件にもトレンドミートの社員が被害者となっていた。

果たして、早紀の死は10年前の事件と関係があるのか? 捜査に乗り出した強行犯係だったが、警視庁の部長刑事・真鍋正隆(近藤芳正)が現れ、この事件を本庁が引き取ることを告げる。上層部の判断だから仕方がないと、五十嵐署長(高島礼子)は承諾するしかなかったが、正人と桜(仲間由紀恵)は真実を突き止めることを決意。そして桜は、トレンドミートへと潜入し捜査を開始する!

以前・以後のあらすじは、SAKURA〜事件を聞く女〜 テレビドラマデータベースから見れます。

2014年12月01日

ごめんね青春! 第08話「息子が女子?合併解消!ついに告白!」あらすじ

村井 (小関裕太) が三女の制服を着て登校していることが、東高の理事長でもある 父親 (津田寛治) にバレてしまい、合併も青春祭も中止だと告げられてしまう。
村井は 「体は男だけど、心は女」 という性的な違和感に悩む性同一性障害だったのだ。
今まで一緒に学生生活を送ってきたクラスメイトたちはまったく動じることなく、そのままの村井を受け入れているが、父親はどうしてもその事実を受け入れられない。理事長の一言で合併も青春祭も中止になるのかと、生徒たちは納得できないでいた。平助 (錦戸亮) は、なんとか青春祭の開催だけでも認めてもらおうと、理事長の家に通いつめるが会ってももらえない。
いよいよタイムリミットが近づき、最後のお願いでりさ りさ (満島ひかり) とともに理事長の家に出かけた平助たちの目に飛び込んできたのは意外な光景だった。

そんな中、地元を離れ、村井に心おきなく女子になってもらいたいと考えた 神保 (川栄李奈)・阿部 (森川葵)・ビル (トリンドル玲奈) は、完璧に女子の村井と共に 中井 (黒島結菜) に会うため東京に来ていた。久しぶりに再会した神保たちは、合併や中井が一生懸命準備した青春祭が中止になってしまいそうなことを伝える。しかし、久々に会った中井は今までとはどこか違う様子だった。

一方、自分にキレた平助を忘れられないりさは平助への思いに確信し、ついに思い切った行動に!

村井の父を説得すべく、走り回っている平助の耳に、ラジオ 『ごめんね青春!』 から 「高校時代の友人に謝りたい」 という “ゆうこ” という女性の声が聞こえてきて… !?

以前・以後のあらすじは、ごめんね青春! テレビドラマデータベースから見れます。

平成舞祭組男 第08話あらすじ

パクパク製菓・北関東出張所へ異動してきた横尾、宮田、二階堂、千賀の4人。
ロクな仕事も無いある意味クビ以上の職場で、4人は互いに励ましあいながら仕事に取り組む。
そんな4人のもとに伊丹部長(志賀廣太郎)から一本の電話が入り――。

以前・以後のあらすじは、平成舞祭組男 テレビドラマデータベースから見れます。

地獄先生ぬ〜べ〜 第09話あらすじ

ある日、絶鬼(山田涼介)という転入生が2年3組にやって来る。それは、兄である覇鬼(坂上忍)を、ぬ〜べ〜(丸山隆平)の左手の封印から解き放つために童守高校に舞い降りた覇鬼の弟で美しき鬼・絶鬼だった。
絶鬼はぬ〜べ〜に気付かれることなく童守高校に入り込み、美しすぎるビジュアルと気さくで妖怪好きな性格を装いあっという間に2年3組に溶け込んでしまう。しかし彼の目的は、ぬ〜べ〜をとことんまで苦しめた上で左手から覇鬼を解放すること。

早速、広(中川大志)たち生徒を青鬼にさせてしまうなど、学校を恐怖のどん底に陥れる!!
絶鬼の悪意に満ちた存在感に敏感に反応したゆきめ(知英)たちがぬ〜べ〜を心配する中、絶鬼に傷つけられた無限界時空(高橋英樹)がいずな(山本美月)の元へ現れた。いずなから話を聞いたぬ〜べ〜は父を見殺しにしようとするが、玉藻(速水もこみち)に「妖怪・赤マントからアナタを救ったのは無限界時空だ」と知らされ…。

絶鬼の出現によって、妖狐としての本来の姿を取り戻してしまった玉藻。妖しい存在の接近に気付いた覇鬼の心にも変化が訪れる。そして絶鬼の魔の手は、いずなやリツコ(桐谷美玲)、2年3組の生徒たちに迫り…。父である無限界時空と和解し、共に戦わなければ絶鬼を倒すことはできないと気付くぬ〜べ〜だったが…。

以前・以後のあらすじは、地獄先生ぬ〜べ〜 テレビドラマデータベースから見れます。