【スポンサードリンク】

« 医師たちの恋愛事情 第03話あらすじ | メイン | 三匹のおっさん2〜正義の味方、ふたたび!!〜 第01話あらすじ »

2015年04月24日

医師たちの恋愛事情 第04話あらすじ

守田春樹(斎藤工)は、乳頭部がんの手術を受けるために転院してきた患者・柏木誠司(鶴見辰吾)が、千鶴(石田ゆり子)の婚約者だったことを知る。仁志(伊原剛志)から、柏木がかつて江洋医科大学附属病院に勤務していた医師であること、ある出来事がきっかけで婚約が破談になったことを聞き、千鶴のようすが気になる春樹。

柏木の手術は、彼の希望で千鶴が執刀医を務めることになった。春樹は、千鶴の助手をやらせてほしいと第一外科医局長の宗太郎(平山浩行)に申し出る。経営本部長の渡辺(生瀬勝久)は、古い知り合いでも特別な感情移入はしないよう、千鶴にくぎを刺した。

その夜、千鶴は、奈々(相武紗季)、友子(板谷由夏)と食事に出かける。そこで、友子が妊娠したこと、しかも父親が仁志であることを知り、驚く千鶴たち。奈々は、たくさんの人を傷つけてしまうから産まない方がいい、と言う友子に、最低だと怒りをぶつけ、店を飛び出した。千鶴は、感情に流されないでもう一度考えてみてほしい、と友子に助言するが…。

そんなある日、外来に来ていた患者が倒れるという騒ぎが起きる。その患者とは、春樹の母・和佳子(根岸季衣)だった。

以前・以後のあらすじは、医師たちの恋愛事情 テレビドラマデータベースから見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/35291