【スポンサードリンク】

« 不便な便利屋 第12話あらすじ(最終回) | メイン | 天皇の料理番 第11話あらすじ »

2015年07月06日

天皇の料理番 第10話あらすじ

厨司長として大膳で働き始めて10年、篤蔵 (佐藤健) は 俊子 (黒木華) と共に家庭を築いていた。

そんな中、東京地方を大震災が襲う。
調理場にやってきた篤蔵は、天皇の料理番として、被災した人々のために何ができるかを模索する。

一方、篤蔵の自宅も火事に見舞われていた。逃げ遅れた俊子に火の手が迫る。そして…

以前・以後のあらすじは、天皇の料理番 テレビドラマデータベースから見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/36089